おしい県でWebに携わって働く人のブログ

基本的にはIT&Web界隈に関する役に立ちそうなことをまとめていきます。

頑固なキャッシュを無視してWebページを最新の状態で読み込んでくれるGoogleChrome拡張機能「Cache Killer」

f:id:lord_cashew:20140430091306p:plain

この「キャッシュ」という機能はWebページの読み込み速度を高速化してくれたりするとても重要な機能だとは思うのですが、サイト制作の際には「ファイルを差し替えたのに古いページを表示してるじゃん」という感じで邪魔にしか思えなかったりします。そんな時に重宝するのが、GoogleChromeの拡張機能「Cache Killer」です。

 

GoogleChrome拡張機能「Cache Killer」

f:id:lord_cashew:20140430091509p:plain

Chrome Web Store - Cache Killer

「Cache Killer」をインストールして「有効化」しておくと、常にキャッシュを無視した状態でWebページを表示することができます。

しかも、有効無効をボタン一つで切り替えることができるので、とても便利です。

 

「Cache Killer」の使い方 

f:id:lord_cashew:20140430092721p:plain

インストールしたままだとボタンが赤色になっています。これは「キャッシュクリア無効(通常の状態)」の状態です。

 

f:id:lord_cashew:20140430092726p:plain

ボタンをクリックすると緑色に切り替わります。これで「キャッシュクリア有効」になります。

 

ちなみにオプションで「Mac起動時に自動的に有効にする」ように設定することもできます。

f:id:lord_cashew:20140430093601p:plain

GoogleChromeのメニューから「ツール>拡張機能」をクリックします。

 

f:id:lord_cashew:20140430093657p:plain

Cache Killerの項目の下にある「オプション」をクリックします。 

 

f:id:lord_cashew:20140430093755p:plain

「Enable on start」にチェックをつけます。

 

個人的まとめ

Macだと「Command + Shift + R」でキャッシュを無視してWebページを読み込みしてくれますが、「Cache Killer」を使った方が簡単で楽なので、サイト制作などを行っている方はインストールしておいても良いかもしれません。