読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしい県でWebに携わって働く人のブログ

基本的にはIT&Web界隈に関する役に立ちそうなことをまとめていきます。

【ニュース】労働者派遣法の改正でIT業界に激震?

社労士/行政書士

f:id:lord_cashew:20060529035219j:plain

2014年3月11日に「労働者派遣法改正案」が閣議決定されて、来年春の2015年4月から施行される予定になっていますが、 この法改正がいろいろと波紋を広げているみたいです。

 

ニュース記事より 

政府は2014年3月11日、労働者派遣法改正案を閣議決定した。今国会で成立すれば2015年4月から施行される予定となっている。 今回の改正では、従来、26業種だけに例外的に認められてきた3年を超える派遣の受け入れが原則としてできなくなる。一方で、人を変えれば、すべての業種で3年を超えて派遣労働者を受け入れることも可能となった。派遣を受け入れる企業側にとっては、人さえ変えれば、継続的に派遣社員を利用できることになる。

労働者派遣法の改正でIT業界に激震? 業界全体の合理化は進むのか

おそらく政府的な考えは「同じ人を3年も雇うのだから正社員にしてもいいじゃん。別に変わらんじゃん」ということだと思うのですが、経営者の立場からすると天と地ほどの違うがあったりするんですよね。

端的に言うと「仕事の量に合わせて人件費を調整できるか否か」という部分なのですが、人件費割合が高いIT業界においては、利益を残して会社を存続させる為にとても重要なことだったりします。

 

マスメディアの関心の多くは、この改正で派遣労働者の立場がどうなるかという点に向いている。だがIT業界の派遣労働者はもっと深刻な問題に直面している。派遣会社をすべて国の許可制にし、派遣労働者への教育訓練を義務づける内容が盛り込まれたことで、中小派遣会社の存続自体が危なくなってきたからである。

国の許可制というのがどれくらいのハードルになるかにもよりますが、何やら財務上の条件もついたりするみたいですし、これは中小派遣会社にとって厳しい法改正になったみたいですね。

政府が何か企業のことを考えるときは「大企業」のことしか頭にないような方策(今回は法改正)になることが多いと感じるのですが、これ如何に。

 

厚生労働省の労働者派遣事業などのページ

労働者派遣事業・職業紹介事業等 |厚生労働省

労働者向けも事業者向けも、いろいろなマニュアルや説明資料などがまとめられているページなので、 関係者はサラリと一読してみても良いかもしれません。

 

厚生労働省が公開したPDF資料

労働者派遣法が改正されました(派遣労働者の皆さまへ)

労働者派遣法が改正されました(派遣会社・派遣先の皆さまへ)

今回の改正内容がパンフレット風にわかりやすくまとめられています。 こちらも一読してみても良いかもしれません。

 

改正労働者派遣法がわかる本【全条文付】

改正労働者派遣法がわかる本【全条文付】

  • 作者: 加藤利昭,大槻哲也,コンデックス情報研究所
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2013/04/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る