読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしい県でWebに携わって働く人のブログ

基本的にはIT&Web界隈に関する役に立ちそうなことをまとめていきます。

「雇用調整助成金」について調べてみました。

f:id:lord_cashew:20140328111513p:plain

社会保険労務士の大事な仕事の一つに「助成金の申請」というものがあるのですが、その中から「雇用調整助成金」について調べてまとめてみました。

 

雇用調整助成金

参考URL:雇用調整助成金|厚生労働省

 

概要 

景気変更とか産業構造の変化とか、経済上の理由で事業を縮小せざるを得なくなった事業主が、従業員を休業させたり教育訓練をさせたりしつつ、雇用を維持した場合に助成されます。

 

主な受給用件

1. 雇用保険の適用事業主である

2. 売上高などの最近3ヶ月の平均値が前年同期より10%以上減少している

3. 雇用保険の被保険者と派遣労働者の数が増加(大企業は5%を超えてかつ6人以上/中小企業は10%を超えてかつ4人以上)していない

4. 雇用調整が一定の基準を満たしている

5. 過去に雇用調整助成金または中小企業緊急雇用安定助成金の支給を受けたことがある場合は対象期間満了日の翌日から一年を超えている

*詳しくは「雇用調整助成金|厚生労働省」及び「雇用関係助成金共通の要件(PDF)」を参照

 

受給額

事業主が支払った休業手当などの負担額に下の1のの助成率を乗じた額が支給されます。教育訓練の場合は下の2の額が加算されます。

ちなみに、休業&教育訓練の場合には、その初日から1年の間に最大100日分、3年の間に最大150日分受給できます。出向の場合は最長1年の出向期間中受給できます。

 

「助成内容と受給できる金額」

1. 休業等を実施した場合の休業手当または賃金相当額、出向を行った場合の出向元事業主の負担額に対する助成(率)・・・大企業1/2 中小企業2/3

(対象労働者1人あたり7,830円が上限 / 平成25年8月1日現在)

2. 教育訓練を実施したときの加算(額)・・・1人1日当たり1,200円